自律神経失調症の症状チェックと原因について

mondaiseiri

体調が優れないことが続くということは誰にでも起こりえます。

「胃腸の調子が悪い」「肩こりがする」「頭痛がひどい」といった症状、時々ならよくあることですが、症状が結構長い期間続くので、病院を受診したが、「特に異常はありません」・・と言われたことはありませんか?

自覚症状はあるのに、病気はない(器質的な問題はない)ってどういうこと!?って思いますよね。

今日は、その疑問を解決する病気について、お伝えします。

上記のように、自覚症状はあるのに、検査で異常がない場合には、「自律神経失調症」が生じている可能性があります。

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが乱れてしまうことに起因する症状です。

まずは、自律神経について解説していきましょう。

自律神経とは

神経

神経システムは、大きく二つに分かれています。

1.中枢神経

2.末梢神経系     です。

 

1.中枢神経系:脳と脊髄が関与する神経ネットワークを総合的にコントロールしています。歩く、手を動かす、といった指令を出すのも中枢神経です。

 

2.末梢神経系:神経線維を通して体の各器官と様々な連絡・情報交換を行っています。

 

そして

2.末梢神経系は、以下の二つの神経系から成っています。

(1)自律神経

(2)体性神経

働きは以下の通りです。

 

(1)自律神経

自分の意思とは関係なく、身体の機能を調整している神経。

(a)交感神経 鼓動を早める、消化液の分泌促進 など、人が活動する時に必要な働きを担当している

(b)副交感神経 鼓動をゆっくりに、消化液の減少など、エネルギーの消費を抑える働きを担当している

 

(2)体性神経

情報を脳に伝え、身体の各部分を意識的に動かすための神経。

(a)運動神経 手や足、口などの器官の働きを管理

(b)感覚神経 見たり聞いたりした情報、痛みなどの皮膚感覚を脳に伝える

上記を見て頂ければお分かりのように、自律神経は神経システムの中で、抹消神経系の下位に位置していて、交感神経と副交感神経とに分かれています。

そして、自律神経系はお互いに拮抗して働き、生体の恒常性を維持しています

交感神経は、覚醒時、強い恐怖や不安を感じたとき、自分の身に危険が生じている時に働く神経系です。

逆に副交感神経は、睡眠時、リラックスしている時に働く神経系で、環境からの刺激や時間帯等によって、活動したり、休んだりを繰り返すことで自分自身のエネルギーが消耗しないようにしており、全体のバランスが崩れないように調整されています。

これを、ホメオスターシスの維持といいます。

以下、わかりやすいように例をあげます。

   交感神経が働く活動の例

テニス、マラソン、野球、短距離走 等々 スポーツをすると、鼓動が早くなる

→スポーツによって消費された筋肉の酸素を補うため、自律神経が鼓動を早くさせる。

→運動によって上昇した体温を下げるために発汗させる

   副交感神経の働く活動の例

寒くなると鳥肌が立つ

→寒い時は毛穴が閉じ、熱エネルギーの消耗を減少させる

このような形で、自律神経はお互いに拮抗して、生体のエネルギーが過剰に消耗されないようにして、生体を維持しています。

自律神経が乱れるとどのような症状が起きてくるのか。

これには個人差があります。

全身的な症状が現れる場合もあれば、器官に現れる場合もあり、また精神症状として現れる場合も見られます。

症状は千差万別といっていいでしょう。

(1)身体症状としては:身体の各部位に症状が認められる

頭痛/腹痛/肩こり/腰痛/手足のしびれ/顔のほてり/動悸/息切れ/めまい/下痢/便秘 など

(2)全身的症状

倦怠感や、食欲不振、発熱、不眠 など

(3)精神的な症状

不安感、落ち込み、イライラ、焦燥感、集中力の低下、など

上記のような症状が単発の場合もありますし、組み合わさる場合もあります。

症状は、いつもあるわけではなく、出てきたり、無くなったりを繰り返します。

全身に様々な不調が生じるわけですが、病院で検査をしても、器質的には問題がないため、病名がつかずに「問題がない」といわれるため、いわゆるドクターショッピングを繰り返す患者さんが多いのです。

病院で自律神経失調症の名前がついたりつかなかったりするのはなぜか

カルテと聴診器

実は自律神経失調症は、定義があいまいであるという問題点を抱えています。

自律神経失調症という病名は日本において独自にみられる病名であり、欧米には無いと言われます。

そして、日本においても正式な病名として受け入れられているかと言えばまだまだであり、診断・治療の方針においては統一されていないのが現状です。

また、病院受診しても、「問題がない」として帰されてしまうのは、診断名や方針が不統一であることのほか、「自覚症状はあるが器質的な問題が無い」ということは医師もお薬を処方したり、処置をするといった医療的措置ができない、ということになってしまいます。

患者さんの訴える症状の変遷を見て行けば気づかれる先生も多いでしょうけれど、忙しい3分診療の中ではそこまで対処できるかどうかは医師の裁量にかかってきます。

ですから、上記の病名診断、治療の統一がなされるのを待たなければ、適切な治療にたどり着けないという状況と言えます。

それを踏まえると、治療を受ける患者さんや家族としては、その点を理解して対応に臨まれる必要があります。

  • 自覚症状があっても器質的な問題がないと言われる場合には、自律神経失調症である可能性があるが、その診断をつけてもらえない場合がある
  • 長期的に自分の症状をチェックしておき、医師が診断しやすいように工夫して伝える
  • 適切な科を受診する。これらのことに注意をすれば、ドクターショッピングをして、自身にかかる医療費を無駄にすることが少なくなるでしょう。

適切な科というのは、順番として(1)身体科を受診、胃の調子が悪いなら内科、頭痛なら脳外科、(それらに異常なしと判断されれば)

(2)心療内科(または精神科)を受診すると良いでしょう。

 

自律神経が乱れてしまうのはなぜか

落ち込むアルパカ

病院での治療も必要な場合があるでしょうけれども、自律神経が乱れてしまう日常生活での原因を考えなくてはいけません。

症状とお薬のいたちごっこでは、いつまでも根本的な解決には至りません。

自律神経が乱れる理由について考えていきましょう。

自律神経が乱れるもっとも多い原因は、ストレス(生活リズムの崩れ、その他ストレッサー)と言われています。

 

まず、生活リズムについてお話しします。

生活リズムとは、私たち人間は太陽が出ている時に活動し、夜太陽が沈んだ時には身体を休めます。

これは、概日リズムという私たちの身体に備わっている体内時計の機能を考えると理解できます。

私たちはおひさまの光を浴びることで目が覚めていき、交感神経が興奮していきます。

夜、暗い所へ居れば徐々に副交感神経が優位になっていきます。

活動と休養のバランスは一日のリズムと連動しているのですね。

しかし、現代社会は24時間営業は当たりまえであり、夜間勤務のある仕事も多くあります。

概日リズムを無視した活動をせざるを得ない状況に置かれる人も少なくありません。

また、仕事や学校、育児などで生活リズムが崩れることのほかに、心理的ストレスに晒されて、不眠が生じているような場合も、自律神経が乱れていきます。

何かの悩みを抱えて眠れない日々が続いている、例えば離婚や人間関係の問題、借金の問題など、様々な状況による心理的ストレスから不眠となり、体内時計が故障し、自律神経が乱れる場合があります。

 

まとめると

本の章

  • 自律神経失調症の症状は、全身に生じるもの、各器官に生じるもの、精神的症状の3つがある。
  • これらの3つは、消えたり現れたりして、自覚症状があるものの、実際に病院では異常がないと言われる。
  • 原因としては、自律神経の乱れによるもので生じ、根本的な解決のためには日常生活でのストレスを軽減する必要がある

となります。

参考文献:久保木富房 監修 2001 専門医が治す!自律神経失調症 高橋書店

吾郷晋浩・河野友信・末松弘行 2005 臨床心身医学テキスト 三輪書店

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ