過呼吸・・実はパニック障害だった?過呼吸は克服できるのか?漢方薬も使って完治をめざす。

kanpou

過呼吸を起こしがちな状況と言うのは、いろいろあります。

マラソンをしたあと、サッカーなどの激しいスポーツをしたあとでは、呼吸が乱れ、過呼吸症状を呈することはよくあります。

しかしながら、それが心理的不安によるものである場合には、スポーツの時に行うようなその都度の対処以上のケアが必要になってきます。

過呼吸女性

それでは、パニック障害に付随する過呼吸と、過換気症候群は何が違うのでしょうか?

まず、過換気症候群について診断基準を説明していきます。

本症候群の診断は、臨床上の特徴から本症候群が疑われた時に

(1)過換気テスト(1分間30回以上、速く、深く、3~5分間)を行って同様の症状が出現する

(2)その症状が紙袋(15×20cm程度)で口と鼻をおおって呼吸(paper bag rebreathing)させると消失する。

その際

(3)動脈血を採取し、CO2分圧の低下とpHの上昇を認め、呼吸性アルカローシスの状態になっていることが確認できる。

(4)さらに、心身医学的な治療で軽快・治癒する。

なお、精神科的な診断では、男性は不安神経症(パニック障害)とされるものが、女性では転換ヒステリーまたは不安神経症(パニック障害)とされるものが多いといわれている。

うつも認められる。

引用:河野・吾郷・石川・永田 1990 ストレス診療ハンドブック メディカル・サイエンス・インターナショナル p264

とあります。

パニック障害についてはこちら→パニック障害のチェック項目と改善・治療について

上記診断基準を読んでお分かりのように、同じ過呼吸の状態に対して、精神科的な診断をしようとすると、パニック障害と診断されますし、身体の治療(心身症の治療)を軸とした場合には心身症の中の過換気症候群、となります。

こちらも同じ状態をみているわけなんですね。

過呼吸が起こす身体の変化について

血液検査

それでは、過呼吸によって体にはどのような変化が訪れるのかをみていきましょう。

過呼吸は、過剰に息を吸い込んでしまい、血液内に流れる酸素濃度が高まってしまいます。

相対的に二酸化炭素濃度が低くなって、身体がアルカリ性に傾いていきます

普通、私たちの身体は中性を保っています。

酸性でもアルカリ性でもありません。

常に、pH 7.4前後をキープしています。

これを「酸塩基平衡」と呼びます。

酸塩基均衡の状態にある身体は、下痢や嘔吐などの代謝の問題が起こった際にも均衡が崩れます。

例えば、

喘息やCOPDという呼吸器疾患がある場合、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出することができません。

つまり、二酸化炭素(酸性)が多くなり、「(呼吸性)アシドーシス」の状態になります。

アシドーシスでは、体液・血液が酸性に傾いてしまいます
それによって「吐き気、倦怠感や疲労感」などの症状が出てきます。

一方、過呼吸が生じると「(呼吸性)アルカローシス」という状態になります。

過呼吸になるということは二酸化炭素を排出し、酸素を多く取り込みます

アルカローシスになると「筋肉の痙攣、過敏、ひきつり、手足のしびれ」などの症状を呈します。

簡単にまとめると、

  • 過呼吸によって、身体の二酸化炭素の濃度が低くなり、アルカリ性になってしまう。
  • アルカリ性に傾くと、身体は痙攣やしびれなどの症状を起こす

ということですね。

過呼吸が起きたときの対処や心構え

胸を開く

過呼吸は、パニック障害の患者さんにもよく起こる症状です。
パニック障害の治療にならい、症状を緩和する方法について考えてみたいと思います。

上記のように作用機序がある程度理解できたところで、大切なことは、もし過呼吸になって痙攣やしびれが起こったとしても死に至るような重大な問題にはならない、ということです。

過呼吸がある場合、それが「死に至るかもしれない」「また起こるかもしれない」といった予期不安が強くなると、その症状に執着してしまいます。

執着してしまうと、身体の少しの違和感で「また起こるかも」と考えてしまいます。

それが誘因となって、実際に過呼吸を再発させてしまうんですね。

実際には死に至る症状ではないことを理解し、不安と症状が過ぎ去るのを待つことができるようになれば、だいぶ楽に過ごせるはずです。

パニック障害の治療については、予期不安への対処を行えることが重要なんです。

身体的な症状(動悸や過呼吸など)が起こった時も、「また起こるかもしれない」という予期不安があることで、症状が遷延したり、治療困難となっていくわけです。

「また起きても大丈夫」「やりすごせる」「死ぬなら、前の発作で死んでいた」と、大きな気持ちで受け止める心的作業ができるようになると、症状がひどくなることはありません。

そして、過呼吸時にはペーパーバッグといって紙袋を口に当てて、自分の吐いた息を吸い込み、二酸化炭素濃度を調整する方法が有名です。

しかしながら、この方法は、酸素も吸入させなければならないのに、口に押し当てすぎて、酸素が取り込まれず、窒息してしまう、という事態も起こりかねません。

そういうわけで、ペーパーバッグ法は注意が必要です。

可能であれば、呼吸を整えさせるのがいいかもしれません。

息を吸う:息を吐く の割合を、1対2程度にして、多めに息を吐かせることで、酸素の取り込みを減らします

「スーハーハ―」とリズムをとってあげてもいいかもしれませんね。

過呼吸に対する漢方治療とは

漢方薬

過呼吸に対する漢方治療とは何があるでしょう?

できれば、医師の目線から選択したいですよね。

以前の記事に、自律神経失調症に対する漢方治療についてお話した記事があります。(詳しくはこちら→自律神経失調症の症状が改善する漢方薬や食事療法について。自分でできる対策を考える。

過呼吸自体を減らすような漢方薬というのは、残念ながら今のところ聞いたことはありません。

ただ、過呼吸に付随する不安感を和らげる方法として、漢方治療を行うと良いでしょう。

パニック障害全体で考えると、パニック障害のベースは不安であり、さらに抑うつの症状も一緒にあわせもっていることが多いと言われます。

ですから、抗不安作用や抗うつ作用のある漢方薬を試すと良いかもしれません。

抗不安作用のある漢方薬

  • 加味帰脾湯(かみきひとう) 神経症、不安や抑うつ。予期不安に効く
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 柴朴湯(さいぼくとう) 神経症、不安や抑うつ。予期不安に効く
  • 四逆散(しぎゃくさん)
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 神経症、不安や抑うつ。予期不安に効く
  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

完治を目指すには・・

過呼吸を漢方薬での治療で完治する!というのは、難しいかもしれません。

不安感を和らげることはできても、根本にいつも予期不安がある場合には、そこをターゲットにした治療が必要になると思います。

それは、例えば自律訓練や、瞑想(マインドフルネス)、暴露療法 といった心理療法です。

今日は、様々な心理療法のなかでも曝露療法について、説明します。

暴露療法とは、英語表記するとエクスポージャーexposureと言います。

エクスポージャーは、簡単に言うと、不安になる場面にあえて身をさらし、不安が過ぎ去っていくのを経験する、慣れる作業です。

先ほども述べたように、不安障害、パニック障害、過呼吸などが遷延する理由は、「また起こるのではないか」「死ぬかもしれない」という予期不安が強いことが影響しています。

「その場面に立ち会わせて、慣れさせる」というと、治療でも何でもないような気がしますが、それでも、不安場面を段階的に設定して、徐々に慣れるという方法をとったり、不安なときの対処法をしっかり検討して、不安場面に対処できる準備をします。

この暴露療法(エクスポージャー)の治療理論からも理解できると思いますが、不安は一時的なもので、時間経過とともになくなっていくものだと理解できれば、大方症状は緩和していきます。

治療は荒療治ではあるので、不安感や身体反応の強い方は、1人で実践するよりも専門家と一緒に相談しながら行うことをお勧めします。

 

追記です。

週末、沖縄県宮古島へ行ってきました。

離島の気候は暖かく(暑い・・ですね)、青い海や真っ青な空は心を穏やかにしてくれました。

不安感など全く感じさせてくれないこの環境は、ぜひ癒されに来て欲しい場所です。

写真 1

 

写真 2

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ