言語聴覚士がトレーニングする構音障害や言語障害と吃音はどこが違うの?

kaunseringu

吃音を治すために、ことばの専門家である言語聴覚士のいる施設へ治療に通われた経験のある方は多くいらっしゃることでしょう。 よく聞く質問には、言語聴覚士による言語療法を受けることで、吃音が治るのか?ということだと思います。 吃音の治療、とりわけ成人している吃音者を治療する経験については、一般的に言うと、・・・

プレゼンや朝礼などの発表場面でひどくなる吃音

hanasi

吃音で困っている方、吃音症と診断された方が社会生活でもっとも苦労されているのは、人前で話すということでしょう。 吃音は、1人でいる時、独り言を言っているとき、また歌を歌っているときにはどもらないことが知られています。 つまり、誰か他者を相手にして話をするとき、会話をする時に、症状が出てくる訳です。 ・・・

病院に行っても完治できない吃音を克服する為の治療法とは

多義図形(老人と女性)

「吃音」はきつおんと読みますが、あまり聞き慣れないかもしれません。 吃音は、一般的に「どもり」と言われているものです。 どもりのほうが、ご存知かもしれませんね。 「お、お、お、おはよう」とか、「おーーはよう」、「・・っはよう」というように、言葉を滑らかに発する事ができずに詰まったり、流れを乱すような・・・

パニック障害(症)のため働けなくなっても、転職してうまくいくためには

pazuru

パニック障害の特徴は、予期しない突然のパニック発作が起きる事、だといって良いでしょう。 パニック発作についてまず、おさらいしてみます。 A.繰り返される予期しないパニック発作 パニック発作とは、突然激しい恐怖、または強烈な不快感の高まりが数分以内でピークに達し、その時間内に以下の症状のうち4つ(また・・・

どうしてパニック障害が重症化するのか?その特徴と予後とは

nichi

どのような病気にも言えることですが、パニック障害においても症状が軽い方もいれば、重症化する方もいらっしゃいます。 本日は、なぜパニック障害が重症化してしまうのかについてまとめてみたいと思います。    パニック障害はなぜ重症化するのか? パニック障害は、不安障害のタイプに分類されています。・・・

『ネット上ではありますが、様々な、アドバイスをいただけることは、私が生きていく上での心の安定剤になっています』・・(40代・主婦・Tさん)

ひまわり

読者様からの声が届きましたので、ご紹介いたします。 Tさん(主婦、40代) こんにちは。私は現在、15歳の娘と13歳の息子を持つ主婦です。 私は今から三年ほど前の42歳のときに、総合病院の中にある、事務的な部署に、派遣社員として配属されていました。 そこでの契約がちょうど終わるころ、別の部署に空きが・・・

パニック障害があっても飛行機や電車に乗れるようになる方法

turai

パニック障害は、動悸や息切れ、窒息感、不安感や集中困難などの心身におけるさまざまな症状を引き起こす病気として知られています。 この記事を読んで下さっているあなたも、このような様々な症状にお困りかもしれません。 こういった症状自体は、また起きたらどうしよう?という不安とともに、実際の生活場面に影響を与・・・

パニック障害の様々な合併症や広場恐怖があり、引きこもりがちになったらどうするべきか

utubyouman

パニック障害は、前兆無く突然現れる様々な症状に悩まされる病気です。 例えば、 心拍数が増加する 動悸 呼吸が止まるような感覚 気が遠のく感じ 手足の震え 発汗 倦怠感 など様々です。 パニック障害の診断は、誘因無く発作が起きること、さらにまた発作が起きるのではないかという不安を抱えていることによって・・・

パニック障害を悪化させる?タバコ喫煙やコーヒーによるカフェイン摂取について

byoujou-kyoutuuten

「パニック障害を悪化させるのではないか?」 ということで、タバコ喫煙やコーヒーによるカフェイン摂取を控えた方がいいでしょうか?といった質問がよく聞かれます。  喫煙とパニック障害の関係について 喫煙とパニック障害については、まず喫煙によって身体にどのような変化が起きるのかを知る必要があります。 タバ・・・

家族や友人がパニック障害の場合のサポートや接し方について

gimon

ご自身の大切な方が何らかの病気になった場合、非常に心配だし、何かしらかのサポートをしてあげたいと考えるかもしれません。 それが特に、精神的な病である場合には、その接し方/サポートの方法には注意すべき点があります。 というのは、接し方やサポートの仕方次第では、その方の病気が良くなる可能性があるからです・・・

あなたの旦那さんや彼女などのパートナーがうつ病、自律神経失調症やパニック障害になった場合のコミュニケーションの方法

fuufu

私たちが悩みごとを抱える時というのは、多くの場合、人間関係の問題を抱えています。 「仕事が進まない」という悩みであっても、「同僚との足並みがそろわない」だったり「上司が明確な指示を出さない」であったりします。 人間関係は、原因としても結果としても問題点としてあがってくるものです。 そして、人と人との・・・

パニック障害が繰り返し起こるメカニズムとは?自律神経や予期不安との関係を丁寧に解説

utubyouman

パニック障害は、体験したことのない人から見ると、命に関わる病気でないということで簡単に考えてしまいますが、日常生活を狭め、重症になれば普通に暮らしていく事ができなくなってしまう恐い病気です。 しかし、しっかりとそのメカニズムや対処法を理解していれば、乗り越えていける問題でもあります。 まずパニック障・・・

人混みや満員電車には周りの人が気になって恐くて乗れない。パニック障害に対して自分でできる対処とは?

train_sos_button

パニック障害がある場合、よく聞かれる困りごとに満員電車が恐い、人混みが恐い、ということがあります。 この問題は、仕事も含めて日常生活に支障を来すため、患者さんは非常に困ってしまう問題です。 それではこの問題にどのように対処をしていけば良いのか? 一緒にみていきましょう! パニック障害を簡単に 最初に・・・

自律神経失調症でみられる様々な症状(不安、イライラ、物忘れ、不眠等)の総まとめ

fumin

自律神経失調症は、症状の出方は非常に多彩で個人差が大きい病気です。 症状が多彩といったのは、それが身体症状と精神症状とそれぞれ生じる可能性があるためです。 そして、身体症状は特に、全身にわたるものもあれば、器官や臓器に限定される場合もあります。 今日は、個人差がありすぎて理解、整理が困難な自律神経失・・・

パニック障害が車の運転で困る事とは?運転中の発作や運転免許について

jiko_car_ojisan

パニック障害があって困る事の一つに車の運転があります。 車の運転は、地域によっては非常に大切な生活の道具です。 ここ沖縄も自動車社会なので、車に乗れないと仕事を探すのにも支障が出る場合があります。 車の運転についてみていきましょう。 運転中に起きる発作とその対処 車の中は閉じられた空間です。 一度車・・・

自律神経失調症の治し方は?診断からお薬(治療薬・安定剤)までを丁寧に。

okusuri

梅雨入り直前と思われる昼間の沖縄は蒸し暑いです。 このような季節の変わり目は体調を崩しやすいと言われます。 このような時期には、「自律神経失調症」の症状に注意が必要です。 春には涼しく、過ごしやすかった天候も、梅雨が近づくとジメジメとした暑苦しく過ごしづらい環境になります。 暑くなると、発汗作用を働・・・

過呼吸・・実はパニック障害だった?過呼吸は克服できるのか?漢方薬も使って完治をめざす。

kanpou

過呼吸を起こしがちな状況と言うのは、いろいろあります。 マラソンをしたあと、サッカーなどの激しいスポーツをしたあとでは、呼吸が乱れ、過呼吸症状を呈することはよくあります。 しかしながら、それが心理的不安によるものである場合には、スポーツの時に行うようなその都度の対処以上のケアが必要になってきます。 ・・・

パニック障害の重症化を予防するためにヨガやウォーキングをしてみよう

meisou

パニック障害は、場所や時間をとわず突然症状を現すため、日常生活に非常に支障をきたします。 症状とは、「パニック発作」をさしますが、パニック発作とは、急性の不安発作のことです。 そして、発作が無い時にも「発作が起こるのではないか」と再発の恐れが続く不安障害の一つに分類されています。 パニック障害は、「・・・

苦しいパニック障害を悪化させずに取り除く暴露療法とは

kaunseringu

パニック障害を治療するメジャーな方法はいくつかありますが、その代表が「暴露療法」といわれるものです。 暴露療法は、認知行動療法のなかの一つなのですが、認知行動療法とは辛い、苦しい気持ちをもたらす考え方のクセを洗い出し、それを変えていく心理療法の事をいいます。 たとえば、乗り物に乗った際にパニック発作・・・

【こどもの心身症の原因と対処について】心身症と神経症の診断の違いとは?

kodomobyouki

GWが明け、日常生活も落ち着きを見せ始めたこの頃・・。 子育てをしているお母さんは、特にこの時期のこどもの様子は気になりませんか? 私も、保育園に通う娘がいます。 進級や進学、入学して、緊張した数日が過ぎ、少しずつ慣れてきた頃ですよね。 そして、ワーキングマザーであれば猶更、ご自身も新しい環境に置か・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ