パニック障害を克服する方法

「パニック障害と診断されたが、お薬を出されるのみで先が見えない」

「職場でパニック発作が起きるので、仕事を辞めることになった。退職したものの、新しい仕事をする自信もなく、その先どうすれば良いのか」

「パニック発作だと思うけれど、仕事の都合で病院へは行けない。どう対処したらいいの」

「息子が大学を卒業するまでは働き続けないといけないけれど、パニック発作があって困っている」

「パニック発作に対して職場や家族の理解がない。どうつきあっていけばいい?」

「何年も通院しているけれど、症状も変わらないし、状況も良くならない」

「自己流で本を読んだりしてパニック発作と向き合っているけれど、良くなっている気がしない」

このようなことでお困りではありませんか?

もし、あなたが

パニック障害と向き合い、どうにか治したい!克服したい!
そして、ちゃんとした仕事につき、これからも安定した家庭を守っていきたい。
このようにお考えでしたら、ぜひちむえきが提供しているメールマガジンへご登録下さい。

現在、ちむえきをご覧の皆さんに無料でカウンセリング教本をプレゼントしています。

『ちむえきオリジナルカウンセリング教本を無料でプレゼント!』

 

このカウンセリング教本は、パニック障害に特化して作られた克服モデルを丁寧に解説しています。

これを読むことによって パニック障害とどのようにつき合っていけば良いのか? どうやって症状を克服していくのか?を理解することができます。

そして、このモデルに沿ってあなた自身が実践や努力を重ねる事によって、必ず成果として実を結ぶことができます。

メルマガの登録はもちろん無料です。 内容の一部を以下にご紹介いたします。

心構えを知る

パニック障害を知る 身体症状を緩和する

認知症状を緩和する

行動を変容させ、症状を軽減する

緊急時の対処

このモデルは自分の立ち位置を確認するのに利用していただき、効率のいいステップに沿って、一つずつ対処することができる

※パニック障害についての様々な問題を棚卸するのに活用することができる 病気による辛さは、視野を狭めて、対処するべきところを見失ってしまいがちです。

また、目に見えない症状のためにどう対応していけば良いのかわからないということがあります。

専門家は、専門的知識や技術を用いて、分析、整理し、治療にあたる存在です。

この専門的な知識や技術は、難解な言葉で説明されることが多いため、一般の皆さんが理解して実践するには困難が伴います。

当モデルはこのような問題点を克服し、誰もが使いやすく、ご自身の心身の問題を対処できるように最大限工夫してあります。

ぜひ、順序良く読み進めて、本来の心身健康な状態へ近づけて行って欲しいと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ