どうしてパニック障害が重症化するのか?その特徴と予後とは

nichi

どのような病気にも言えることですが、パニック障害においても症状が軽い方もいれば、重症化する方もいらっしゃいます。

本日は、なぜパニック障害が重症化してしまうのかについてまとめてみたいと思います。

 

 パニック障害はなぜ重症化するのか?

落ち込む女性(画像)

パニック障害は、不安障害のタイプに分類されています。

現在、メンタルな病気については、DSM(アメリカ精神医学会が出版している精神障害の診断と統計マニュアル)というマニュアル本をもとに行うことで、医師同士の診断を統一するように図っています。

(もう一つ、ICDという分類マニュアルもあります)

DSMは、現在改訂されてDSM-5になっていますが、DMS-5から「パニック障害」についておさらいしてみます。

A.繰り返される予期しないパニック発作

パニック発作とは、突然激しい恐怖、または強烈な不快感の高まりが数分以内でピークに達し、その時間内に以下の症状のうち4つ(またはそれ以上)が起こる。

(1)動悸、心悸亢進、または心拍数の増加

(2)発汗

(3)身震いまたは震え

(4)息切れ感または息苦しさ

(5)窒息感

(6)胸痛または胸部の不快感

(7)吐気または腹部の不快感

(8)めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ

(9)寒気または熱気

(10)異常感覚

(11)現実感消失、または離人感

(12)抑制力を失うことに対する恐怖

注)3つより少ない症状は「症状限定性の発作」という

B.発作のうち少なくとも1つは,以下に述べる1つまたは両者が,1ヶ月(またはそれ以上)続いている。

(1)さらなるパニック発作またはその結果について持続的な懸念または心配

(2)発作に関連した行動の意味のある不適応的変化

※パニック発作があっても、他の精神疾患の症状の一部である場合にはパニック障害の診断とはならない

C.その障害は物質の生理学的作用(例、乱用薬物,医薬品)または他の医学的疾患(例、甲状腺機能亢進,心肺疾患)によるものではない。

D.その障害は,他の精神疾患によってうまく説明されない。

以上が、パニック障害(パニック症)の診断基準です。

これまでの診断基準では、パニック障害には広場恐怖の有無が診断要件にありましたが、 最新版の新たな診断基準(DSM-5)では、広場恐怖は問わないことになっています。

つまり、別の疾患単位に分類されたわけですね。

しかし、2つの病気が全く関係がなくなったというわけではありません。

一般的には、広場恐怖を伴うパニック障害は、広場恐怖を伴わないパニック障害に比べるとより重症化していると言えます。

広場恐怖では、パニック発作が起きること、またそれに対する不安から、パニック発作が起きたときと同じ状況になるのを避けようとします。

そうすることで、一時的に不安感は軽減するんですね。

しかし、その軽減した不安は「一時的」であって、根本的な解決には向かっていません。

解決するためには、同じ状況に置かれてもパニック発作は起きないのだ、という体験をし、自分の心身を慣らしていくのですが、その機会を奪うことになります。

つまり、「実際には発作は起きなかった」という事実を知ることも無く、想像上のなかでパニック発作が起きるかもしれないという不安とずっと戦っていかなければならないわけです。

また、広場恐怖を併発した場合には予期不安が高く、不安の高まる状況を回避してしまいます。

そうすることで、外出や就業がままならなくなってくるのです。

外出や就業が妨げられると、日常生活には大きな影響を及ぼしますから、気分障害にまで発展する可能性が高くなってくるわけです。

次に、パニック障害に伴い不安が高くなっている場合、その不安感を緩和させようと、儀式的な行動やルール決め、強迫的な行動などを行うことがあります。

例えば、パニック障害を抱えたY介さんは経験上、いつも仕事に向かう駅のホームで動悸や嘔気がひどくなると考えているとしましょう。

Y介さんは、

「また動悸がひどくなるのではないか」「吐いてしまったらどうしよう」

こうした不安を感じているはずです。

そしてあるきっかけから、駅のホームにあるイスに腰掛けることで、そのパニック発作の予兆が収まるような気がしていました。

また、満員電車をスキップして、少し空いた電車に乗る事も予兆を軽減することに気がつきました。

Y介さんは、毎回早めに家を出て、空いている電車に乗り込んだり、駅ではイスに腰掛けるようにしていました。

偶然にもそれができる間は良いのですが、ひとたびこのルールが守られない状況になると、とたんに不安感や体調の悪さが押し寄せてきます。

強迫性障害は、自分でも「この行動、行為には意味は無い」とわかってはいても、その考えから離れられない、その行動を繰り返し実行しないと気が済まないという特徴が有ります。

その行動や行為が、必ずしも守る事ができるとは限らないルールであったり、ルールや行為自体が時間がかかる、お金がかかる、というのであれば、それだけでも日常生活に大きく影響を及ぼしてきます。

このように、パニック障害単体ではなく、広場恐怖を伴っていたり、強迫性障害を併発しているなどすることで、症状の程度は悪化し、その結果として「うつ病」を合併してしまう・・ということがあります。

合併した症状は薬物療法や心理療法などによっても治療に時間がかかりますし、程度も重くなりがちです。

そういった意味で、何かしら他の疾患を併発している場合には、より重症になりやすいと言えるでしょう。

重症化したパニック障害の特徴と予後は

小学生と看護師

パニック障害が重症化したかどうかについては、何を目安にして考えれば良いかというと・・

その人の日常生活において、どの程度の支障が出ているのかを指標にすると良いと思います。

パニック発作自体は、程度や頻度の差はあれ、だれもが経験するものだと言われています。

しかし、

本人がそれをどのように感じているのか?

その症状のために、日常生活がどの程度影響を受けているのか?

これによって、病気なのかそうではないのか、程度が軽いのか重いのかが分かれてきます。

もし、症状が有っても、普段通りの生活が行えているのであれば程度は軽いと言えます。

反対に、症状の為に普段のように外出や就業ができず、家から出られないという場合には症状は重度だと考えて良いでしょう。

そしてその特徴としては様々です。

身体的な不調は多岐に渡っており、動悸、息切れ、窒息感、めまい、口渇、気が遠のく感じ、下痢や嘔吐、手足の震え、集中困難 などです。

そしてそれらの症状の程度は、不安の強弱とともに比例していると考えて良いでしょう。

つまり、その身体症状が起きることに対する不安の強さとその身体症状の辛さの程度は比例していると考えられますから、不安が強くなる程身体的に辛いですし、身体的に辛い程、不安は強くなります

また、当然ですがその症状が起きる頻度が多ければ多い程に重症になります。

パニック発作は外見上、他人から見ても(またはあまりお互いの話をしない家族内でも)病気である事はわからないことが多いです。

病気の性質上、心療内科や精神科を訪れずに一般身体科で身体の病気として扱われることも非常に多いのです。

ですから、Dr.ショッピングを繰り返したり、適切な治療を受けずにいる、ということが往々にしてあります。

しかし、ひとたび症状が悪化すると、これまで適切な治療を受けていれば問題は軽く済むかもしれないところを「こじらせてしまう」場合が多いと考えて良いでしょう。

この病気の予後は、適切な医療機関にかかることができているかどうかにかかっているといっても過言では有りません。

本来はパニック障害の治療を受けるべきなのに、循環器内科で抗不安薬をもらい続ける、、というのでは、良くなるものも良くなりません。

ちゃんと自分自身の病気や症状を理解し、どう対処していけば良いかも分かっていることが克服する為に大切なことであると言えます。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ