パニック障害が車の運転で困る事とは?運転中の発作や運転免許について


jiko_car_ojisan


パニック障害があって困る事の一つに車の運転があります。

車の運転は、地域によっては非常に大切な生活の道具です。

ここ沖縄も自動車社会なので、車に乗れないと仕事を探すのにも支障が出る場合があります。

車の運転についてみていきましょう。

運転中に起きる発作とその対処

高速道路

車の中は閉じられた空間です。

一度車内へ入り、運転を始めると逃げることができません。

こういった状況はパニック発作を誘発しやすくなります。

パニック障害の方は、発作が起きる事を恐れているという点のほかに、発作が起きた状況を気にしています。

発作が起きた時、誰かに迷惑をかけてしまわないだろうか

発作が起きた時、誰も居らずに助けてもらえない状況だったらどうしよう

高速道路を走っていて、急に発作が起きたらどうしよう

このような具合に、発作が起きる状況に対して不安になっている場合があります。

これはいわゆる予期不安というものです。

発作は確かにいつ起きるかわからない、予測が出来ないものですが、患者さんはその発作が起きそうな状況に対して、「起きるかもしれない」と察知して不安になります。

まず、この予期不安に対処することと、実際に運転中に発作が起きたときのことの2つを考える必要があります。

まず予期不安に対処することを考えてみましょう。

予期不安への対処

運転女性

予期不安は、実際に起きるか起きないかがわからないはずなのに、発作が起きる可能性を過大に評価してしまっています。

予期不安への対処には、心理学的には認知行動療法を実施するのが良いとされています。

認知行動療法はやや複雑なので、簡単に自分でできる方法をご紹介しましょう。

不安に感じる時に人は、そのことばかりが頭から離れないと思います。

でも、「その発作が起きなかった」結果についてはいつも忘れてしまいます。

発作が起きた時には「やっぱり発作が起きるんだ!」と強く認識されますが、発作が起きなかった場合にはホッと安心はするだろうけれども、起きなかった事実を忘れがちになるのです。

これは、人は自分が「こうだろう」と思っているようにしか、物事を見ない傾向を指していて、「認知のバイアス」と呼べるものです。

このバイアスは、例えばネガティブな考え方をする人は良い出来事に無頓着なのと同じです。

この認知のバイアスを修正することで、「発作が起きたらどうしよう」という考えは、「発作は起きるかもしれないし起きないかもしれない」と中立的、客観的に考えることができるようになります。

それではそのバイアスの修正はどのように行えば良いのか?

これには自己モニタリングが有効です。

「発作が起きそうだ」と思った時にはそれをノートに書き留めます。

そして、その結果もちゃんと記載することです。

発作が起きそうだと不安になったが起きなかった

この事実を自分が把握していることによって、予期不安は軽減されます。

実際に発作が起きたらどう対処するのか

トンネル

次に、実際に運転中に発作が起きた場合にどう対処すれば良いでしょう?

発作が起きた時、まずは自動車を安全な場所に停めましょう。

発作が起きている時は一種の解離状態にありますので、運転は一時的に停めたほうが良いです。

そして、発作が過ぎ去るのを待ちます。

発作は、一時的であり、長い時間継続するものでは有りません。

さらに、過呼吸の症状は、パニック障害の患者さんにもよく起こる症状です。

過呼吸が起きるとすごく不安になると思います。

「死んでしまうのではないか」

という考えがよぎるほど強くインパクトのある症状だからです。

しかし、もし過呼吸になって痙攣やしびれが起こったとしても死に至るような重大な問題にはならない、ということを忘れないでください。

過呼吸がある場合、それが「死に至るかもしれない」「また起こるかもしれない」といった予期不安が強くなると、その症状に執着してしまいます。

執着してしまうと、身体の少しの違和感で「また起こるかも」と考えてしまいます。

それが誘因となって、実際に過呼吸を再発させてしまい、悪循環になります。

実際には死に至る症状ではないことを理解し、不安と症状が過ぎ去るのを待つことができるようになれば、だいぶ楽に過ごせるはずです。

車の運転中に身体的な症状(動悸や過呼吸など)が起こった時も、「また起こるかもしれない」という予期不安があることで、症状が遷延したり、治療困難となっていくため、実際の発作への対処の他に予期不安への対処も重要になるのですね。

「また起きても大丈夫」「やりすごせる」「死ぬなら、前の発作で死んでいた」と、大きな気持ちで受け止める心的作業ができるようになると、症状がひどくなることはありません。

そして、過呼吸時にはペーパーバッグといって紙袋を口に当てて、自分の吐いた息を吸い込み、二酸化炭素濃度を調整する方法が有名です。

しかしながら、この方法は、酸素も吸入させなければならないのに、口に押し当てすぎて、酸素が取り込まれず、窒息してしまう、という事態も起こりかねません。

そういうわけで、ペーパーバッグ法は注意が必要です。

可能であれば、呼吸を整えさせるのがいいかもしれません。

息を吸う:息を吐く の割合を、1対2程度にして、多めに息を吐かせることで、酸素の取り込みを減らします。

「スーハーハ―」とリズムをとってください。

パニック障害があると車の運転免許はどうなる?

menkyo_blue

ある一定の病気に対して、運転を制限する道路交通法の改正が平成26年にありました。

これは、意識を失うなどのてんかんや判断力の低下が起きる脳卒中等、一定の病気に対して行うもので、歩行者などを守る為にできた法改正です。

しかし、運転する側としては自分は大丈夫か?と気になりますよね。

免許の更新や取得時、手続きはどうなっているのでしょう?

運転免許取得時、または更新時に、質問票を提出させ、運転に支障のある病気をしていないかを確認されます。

  1. 過去5年以内において、病気(病気の治療に伴う症状を含みます)を原因として、又は原因が明らかでないが、意識を失ったことがある
  2. 過去5年以内において、病気を原因として、身体の全部又は一部が、一時的に思い通りに動かせなくなったことがある
  3. 過去5年以内において、十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、日中活動している最中に眠り込んでしまった回数が週3回以上となったことがある
  4. 過去1年以内において、次のいずれかに該当した事がある。(飲酒を繰り返し、絶えず身体にアルコールが入っている状態を3日以上続けたことが3回以上ある。病気の治療のため、医師から飲酒をやめるよう助言を受けているにも関わらず、飲酒をしたことが3回以上ある)
  5. 病気を理由として、医師から運転免許の取得または運転を控えるよう助言を受けている

(引用:神奈川県警察HP)

 

上記は、道路交通法の改正に基づき、運転免許の取得または更新の時に提出を義務づけられている質問表です。

患者さんの中には、虚偽記載をして免許更新をやりすごそうとされる方もいますが、今回の改正によって罰則が設けられました。

もし、うそをついて記載をすると1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられますので、ご注意ください。

質問表の回答もそうですが、車の運転については、まず主治医から見解を確認する事が大切です。

パニック障害のために運転がNOというのはあまり聞いたことがありません。

ただし、質問票からも理解できると思いますが、もし発作が頻回に起きていて、意識を失うなどの支障があるのであれば運転を止められると思います。

その状況に応じて、免許更新が可能かどうか?免許取得が可能かどうか?が変わってくると思われます。

また、質問票に回答してすぐに、免許が停止になるわけではありません。

質問票によって何らかの問題が見られた場合、主治医からの診断書の提出が求められると思います。

そしてその後、「適正相談」という相談の場が設けられ、その後身体検査といって身体の自由がきくかどうかの確認、実際に実地で運転する場合もあります。

免許更新や取得は、それらを総合した上で判断されるはずです。

最後に、免許については、地域/担当管轄によっても対応がまた不統一なようですので、主治医や公安へ確認をされることをお勧めします。

 

 

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ