メンタル不調はセロトニンを補うことで改善できる

セロトニンとは?

セロトニンとは、脳内で情報伝達するときに働く「神経伝達物質」のことをいいます。

synapse

図1シナプス間で放出される神経伝達物質

セロトニンは脳内のセロトニン神経のシナプス間隔に放出されますが、この役割は第一に身体を覚醒状態を保つことです。

身体が活動をしているとき、脳内の神経細胞(ニューロンといいます)間では図1のように神経伝達物質(セロトニン)がニューロンからニューロンへ伝わっていきます。

セロトニン、ドーパミンなど種類があるわけですが、メンタルの安定と関連する物質に「セロトニン」があります。

活動時にセロトニンが活躍するわけですから、睡眠時にはセロトニンは減ったり、放出がなされないわけですね。

セロトニンは私たちの日頃の活動にとてもかかわっている物質であって、仕事や家事、運動などを行うときに重要になります。

また、自律神経に作用して適切な緊張状態を保ちます。

反対に、このセロトニンの放出が抑制されると、覚醒して活動しなければならないのに倦怠感や疲労感を生じ、気分障害にも影響を与えるといわれます。

自律神経を介して睡眠や生活リズムを安定すること、体温調節を行うこと等に関与していますから、眠れない、汗をひどくかく、倦怠感がある、などの不調がある場合には自律神経のバランスを整えることが功を奏する場合があります。

さらに、セロトニンは感情統制にかかわる他の神経伝達物質「アドレナリン」や「ノルアドレナリン」とも相互に関わっていて、精神の安定に寄与していると言われています。

脳の中はどうなっているの?

神経

脳の中がどうなっているのかというと、私たちが歩いたり、考えたり、話したりするとき、脳の中ではこの神経伝達物質が必要な場所へ情報を伝達することで目的が達成されます。

話す、歩く、考えるといったことは、脳の中で特定のネットワークがあって、そこを電気信号がつないでくれることで可能になるのです。

頭の中、つまり脳の中はどうなっているのかというと、「ニューロン」という神経細胞がたくさんのネットワークを形成しています(上の図を参照)。

このネットワークを通じて、私たちは身体的な活動や知的な活動を行うことができるし、体内環境を適切な状態に調整する事ができます。

セロトニンが不足するとどうなるの?

疲労女性

セロトニンは先に述べたように、脳内にある神経ネットワークを維持し、自律神経のバランスを整える役割がありますが、体内にも存在します。

体内では、例えば腸でもセロトニンが生成されています。

なんと、体内にあるセロトニンの90%は消化管粘膜にあり、蠕動運動を亢進させたります。

つまり過敏性腸症候群などにもみられるように、過剰に緊張したとき、腸内にセロトニンが過剰に分泌されて蠕動運動が亢進し、下痢になってしまうんですね。

反対にセロトニンの量が不足すると、逆に便秘がちになってしまいます。

そして、 セロトニンが不足すると、精神安定させようと身体が舵を切る事ができません。

ですから、過剰に緊張状態が続き、不安、緊張、イライラ、不眠などのメンタルの不調が現れるようになります。

身体的にも、倦怠感や疲労感などが生じ、「うつ病」のような状態になる場合もあります。

実はうつ病の原因の一つには、「このセロトニンとノルアドレナリンの放出量が少なくなっている」ことが報告されています。

その脳内の状態を改善するため、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ薬では、脳内のセロトニンの量をお薬で調整することによって、うつ病の状態を改善しようとします。

このように、セロトニンが不足することによって心身に様々な不調をもたらすことが知られています。

 セロトニンを増やすには?

食事

セロトニンが不足している場合には、外から摂取することで栄養学的に補うことができます。

セロトニンの前駆体である「トリプトファン」というアミノ酸があります。

トリプトファンが多く含まれている食品をいくつかご紹介します。

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品

大豆、納豆、醤油、味噌などの大豆製品

カシューナッツ、アーモンドなどのナッツ類

マグロの赤身や鰹などの魚類

などを挙げる事ができます。

ただ、このトリプトファンだけを摂取すると効果が減弱すると言われています。

アミノ酸は、いろいろな種類がありますので、それを網羅した上でトリプトファンを摂るのが良いと言われています。

具体的には、ビタミンやマグネシムなどのミネラル、その他のアミノ酸です。

食品から網羅して摂取するのが困難であれば、トリプトファンなどを配合するサプリメントを摂取すると良いでしょう。

サプリメントのオススメはこちらの記事をご参照ください。

セロトニンの不足を補うサプリメントはコレ!

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ