心身症が、お薬で治療しても効かない。副作用が強い。と感じた場合の対処の仕方。

kusuri

あなたは身体の不調を感じた時、どんな行動をとりますか?

「家で寝てみる」

「家族に話す」

「市販薬を飲む」

ということをするかもしれませんね。

でも、それだけでは症状が改善されなかったり、何度もぶりかえしたり。

または「ほんとに大丈夫かな?」と不安にかられたりしますよね?

それでとうとう、またはやっと病院受診をするわけですが

病院受診をしても、なかなかその原因がわからない・・、でも一度だけではなくて何度も同様の症状に悩まされた経験、ありますよね・・。

そうであれば、心身症を疑って病院受診にのぞむのがいい、と何度かお話しました。

(詳しくはこちら→心身症とは?その診断と症状、治療まで

そのときに選ぶべき診療科は、心療内科が一番ベストです。

心療内科というのは、「人の心理も扱う内科」なのです。

しかし、心療内科で診療する医師は誰もが心療内科に詳しいわけではありません。

長ネギと医師(画像)

心療内科を標ぼうしている(掲げている)のは、「精神科」や「神経科」より敷居が低く感じられるから(その診療科名を)つけた、ということは多いものです。

心療内科として、心身症等の身体の病気と心の問題との治療に積極的に取り組んでいる医療機関である保障はありません。

そういうと、驚かれるかもしれません。・・ですよね。

「心療内科に詳しいから心療内科っていって診療しているんじゃないの?」と。

残念ながら必ずしもそうではないのです。

しかし、そういうとまるで治療をしてないように聞こえてしまい、誤解されるかもしれません。

精神科医師が心身症を治療できないわけではないのです。

ただ、そのような患者を多く経験して、その分野だけをやっているわけではない、力を入れている分野には必ず偏りがある、ということを理解しておく必要がある、ということです。

医療機関もそれぞれにカラーがあって、力をいれている分野が大なり小なり分かれています。

ですから、あなたが通われているクリニックや病院が自分の疾患にどれだけ力をいれているのか?

たとえば、心身症には必ず見られる身体症状に対するケアはさほど力いれておらず、かかりつけの内科任せであったり。

うつ病に力をいれていて、うつ病デイケアを開いていて、うつ病へのケアを重点的に行っているなど・・・です。

ではどうやって見分けて行ったらいいのか

通院している患者さんがどういった方が多いのか?

また、ホームページ等で公開している情報のなかにどれだけ心身症についての話題が占めているかによるでしょう。

また、その主治医が地域で活動している講演活動などでどのようなことを話題提供しているのかをみれば、その先生の得意分野が理解できます。

これは、かなり有益な情報になります!

精神疾患に対する治療は、薬物療法がメインになっています。

というのは、医師がお薬を出すことによって経営が成り立ちます。

しかしながら心身症はお薬での治療も大切ですが、心理療法や心理教育による支援はかかせません

ですから、そのクリニックに心理士さんがいるのかどうか、確認をしてみてください。

ただし、都心部であれば医療機関を選ぶことはできますが、地方にいくほど医療機関は選べませんよね。

そうなると、やはり精神症状についてだけでも心療内科でサポートしてもらって、心身症の治療全体については自分自身でケアをする必要が出てきます

もし、近隣に通えるクリニックがないという場合には、ひとまずサプリメントで不調を補うというのも手です。

こちらの記事も参考にどうぞ

ヌーススピリッツ紹介

 メンタル不調はセロトニンを補うことで改善できる

 過敏性腸症候群対策のサプリメントはコレ!

さて、本題。

病院にいったけど、お薬による治療が効かない場合、どうしたらよいのでしょうか。

心身症で使用される薬物療法について

お薬(画像)

さきほど、心身症は心理を扱い、心理療法が大切だとお話しました。

ですが、心療内科(または精神科)での治療は薬物療法が中心になって行われることは多いです。

内科的疾患に対する治療薬や、精神状態に合わせた治療薬を用いることがあります。

その多くが、抗不安薬と抗うつ薬の出番が多いと言われます。

向精神薬はあまり使用されないのですね。

これは、患者さんに現れる精神症状が不安やうつであることが多いことが関係します。

心身症を中心に取り扱う心療内科でよく使用されている薬物の特徴について、以下に挙げていきたいと思います。

抗不安薬

不安の症状は、身体症状を誘因しやすいと言われています。

例えば、動悸やめまいなど軽いものから、過呼吸の状態が引き起こされることもあります。

このような身体症状は、さらに不安をあおる結果となり、良くないスパイラルの状態に陥ります。

不安が身体症状を生み、身体症状がさらに不安を増強させる、と言う感じにです。

ですから、スピード感を持って不安を取り除く治療が重要になります。

心理療法で不安を取り除くこともできますが、それは即効性がありません。

一時的に症状を除去し、「成功体験」を積んだうえで、セルフケアしていくことが大切です。

以下に抗不安薬の種類をいくつか挙げていきたいと思います。

抗不安薬の一覧

抗不安薬は、感情をつかさどる大脳辺縁系に働きかけて、不安を減少させ、身体にある緊張を取り除く作用があります。

作用の強弱から整理していきます。

作用が弱い薬の製品名と一般名

ハイロング (オキサゼパム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ

セレナール (オキサゾラム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

作用が中程度の薬の製品名と一般名

コント―ル、バランス (クロルジアゼポキシド)  BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、身体症状

セルシン、ホリゾン (ジアゼパム) BZ 〇不安、パニック発作、睡眠障害、鎮静作用

ノブリウム、レスミット (メダゼパム)BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ

リーゼ (クロチアゼパム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

メンドン (クロラゼプ酸二カリウム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

セダプラン (プラゼパム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

エリスパン (フルジアゼパム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

ソラナックス、コンスタン (アルプラゾラム) BZ 〇抗不安、筋弛緩作用

メレックス (メキサゾラム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

コレミナ-ル (フルタゾラム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ

メイラックス (ロフラゼペート) BZ 〇神経症、心身症による不安、緊張、抑うつ

セディール (タンドスピロン) アザピロン系 〇神経症、心身症からくる不安、緊張、抑うつ、睡眠障害

 

作用が強い薬の製品名と一般名

 

セパゾン、エナデール (クロキサゾラム) BZ 〇神経症、心身症による不安、緊張、抑うつ

レキソタン、セニラン (ブロマゼパム) BZ 〇心身症による不安、緊張、抑うつ、身体症状、筋弛緩作用

ワイパックス (ロラゼパム) BZ 〇心身症の不安、緊張、抑うつのほか、パニック障害、強迫性障害、うつなど幅広い

デパス (エチゾラム) チエノジアゼピン系 〇神経症、心身症、うつによる不安、緊張、抑うつ

レスタス (フルトプラゼパム) BZ 〇心身症、神経症による不安、緊張、抑うつ

 

上記のお薬は、作用時間も異なりますし、持病がある場合には服用できないこともあります。

抗不安薬で代表的なのは、ベンゾジアゼピン系のお薬です。(ここではBZと表記)

上記の一覧を見ると、その多くがBZ系のお薬であることがわかるでしょう。

抗不安薬(BZ系)のお薬は即効性のあるものからゆっくり効くものまでありますが、やはり副作用が生じます。

各お薬によって副作用の種類は異なりますが、鎮静作用によるもの(倦怠感や眠気等)や、高齢者になるとふらつきによる転倒のリスクも高めます。

また、衝動統制がうまくいかないといった精神状態に作用する報告もありますから、事前に主治医と薬剤師から副作用について確認しておき、服用の際は注意するようにします。

抗うつ薬の一覧

路頭に迷う牛さん(画像)

気分の落ち込みに対して使用されるのが、抗うつ薬です。

抗うつ薬にはたくさんの種類があるといいます。

薬理作用としては、脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの再取り込み阻害作用による抗うつ効果があると言われます。

抗うつ薬投与時の選択基準を以下に載せます。

行動抑制、意欲の低下があるときには

ノリトレン (ノルトリプチリン) 三環系抗うつ薬

アモキサン (アモキサピン) 三環系抗うつ薬

不安や焦燥感には

アナフラニール (クロミプラミン) 三環系抗うつ薬

トリプタノール (アミトリプチリン) 三環系抗うつ薬

ルジオミール (ドキセピン) 四環系抗うつ薬

ドグマチール (スルピライド) 非定型抗精神病薬

デジレル、レスリン (トラゾドン) その他

スルモンチール (トリミプラミン) 三環系抗うつ薬

抑うつ気分には

トフラニール、イミドール (イミプラミン) 三環系抗うつ薬

ルジオミール (マプロチリン) 四環系抗うつ薬

アンプリット (ロフェプラミン) 三環系抗うつ薬

テトラミド (ミアンセリン) 四環系抗うつ薬

テシプール (セチプチリン) 四環系抗うつ薬

プロチアデン (ドスレピン) 三環系抗うつ薬

軽症の気分障害には

セパゾン (クロキサゾラム) BZ系抗不安薬

デパス (エチゾラム) チエノゼアゼピン系抗不安薬

ソラナックス、コンスタン (アルプラゾラム) BZ系抗不安薬

メレックス (メキサゾラム) BZ系抗不安薬

 

上記にある三環系抗うつ薬(第1世代)は、治療時には標準的で選択されやすいといわれますが、副作用が強いといわれます。

その後、三環系に比べて副作用が軽減された第2世代として四環系抗うつ薬がよく使用されるようになっています。

さらに現在では副作用と安全性の面で優れた作用をもつSSRIやSNRIが用いられることが増えています。

しかし、抗うつ作用という点では三環系、四環系のほうが効く患者さんもいますので、SSRIでの作用が感じられないために三環系へ移行するというケースもよく聞きます。

軽症の気分障害に対しては、抗不安薬が選ばれていますが、これらには抗うつ作用も認められているため、使用されます。

不安症状ももちやすい仮面うつ病などに功を奏すると言われます。

抗うつ薬の副作用としては、三環形抗うつ薬では、のどが渇く、便秘、排尿されないといった抗コリン作用によるものがよく見られます

SSRI、SNRIではこうした抗コリン作用が少ないけれども消化器症状がやや見られるようです。

その他、起立性低血圧や不整脈などの心臓血管に作用するもの、意識の障害や不眠などの神経や精神に作用するもの、性欲減退などの性機能に作用するものなどがあります。

これらは個人差がありますので、抗不安薬と同様に、まず最初に医師や薬剤師からの説明を聞いておきましょう

薬剤師(画像)

 

また処方にあたって薬剤師から配布される薬剤説明の用紙には目を通しておきます。

副作用が生じると、それに気を取られてこれまでにあった精神症状への作用に気が付かないことがあります。

抗不安作用や抗うつ作用がどれだけ効いているのか?をチェックして、副作用がどの程度あるのか?これらを天秤にかけて、大切なほうを選びます。

つまり、重篤な精神症状がある場合には、その薬が効いているのであれば、ちょっとした副作用であれば目をつむるわけです。

また、副作用は一時的に症状が出て、服用に慣れてくると出なくなることがあります。

ですから、最初の1錠、1日目から毛嫌いをせずに、しばらく、次の受診日までは服用を続けるようにしてみましょう。

それでも、副作用がひどい場合には中止することも選択として忘れてはいけません。

もし選択にこまった場合に、病院へ連絡をいれてもよいか?と事前に先生に尋ねておくと安心かもしれませんね。

先生に事前に聞いておく理由は、抗不安薬も抗うつ薬も、お薬を急に服用しなくなってしまうことで、身体にどのような作用が及ぼされるのかがわからないからです。

「自己中断」といいますが、副作用がしんどくて自己中断するケースは多いものです。

その場合には、お薬が抜ける時に生じる症状が苦痛を伴う場合もありますし、お薬不信が生じる恐れもあります。

また、「次の外来、行きづらいなー」となりますから、治療が中断してしまいかねません。

そうなる前に、①事前に聞いておくこと、②中断する際は電話等で確認すること、③次の外来受診は必ず行くこと、を心がけましょう。

私は特に身体の症状の出る病気(心身症、パニック障害、自律神経失調症、うつ病)については、折衷法をとることをお勧めしています。

医療機関だけに頼ってもダメです。

だからといって、自己流すぎるのも危険です。

世の中のブログの中には、「いつまでもお薬に頼っては治らないと思った。」だから、「自己中断して、いろいろな自己流の方法にたどり着いた」、というような記事も見かけますよね。

きっとあなたも、「え?こんな方法で?」と目を丸くしたことがあるでしょう。

「お薬はやめたほうがいいらしい」という噂を聞きつけ、自己中断したという人もよく聞きますよね。

もちろん、お薬だけで治ることはないし、お薬以外の方法でよくなることもあるでしょう。

ただ、精神科のお薬といっても、身体へ影響も大きくあるものですから、減らし方、服用の仕方は、きちんと専門家へ確認をする習慣が必要です。

そしてお薬の効き方は、主治医との信頼関係が大きく影響します。

話しても通じない医師、気持ちをわかってくれない医師、目さえみてくれない医師、先生にもいろんなタイプがいらっしゃると思いますが、途中で自己中断してしまうと、「何が良くなかったのか」わからないまま、自己流になってしまいます。

本当に必要なケアの方法にたどり着くためには、一度進めたコマはある程度の成果がでるまで待ってみることも大切です。

そして、先生と話し合うことも必要でしょう。「やっぱ、合わない!」となった場合には、主治医を変えてもらうか、別のクリニックを受診してください。

今回の記事はお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や分からない事などありましたら、下記のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

おそらく、あなたが抱いた疑問は、これからこの記事を読む方も抱く疑問です。

そういった疑問を1つ1つ解決していきます。

コメントして頂ければ気づき次第、すぐに回答いたします。


このブログ(ちむえき)について・・・

私のメルマガでは以下の事について解説しています。

・心身の症状が軽くして、家事をラクに済ませる方法

・職場へ足を向ける事すら辛くなっていた気持ちが、すーっと消えるトレーニング方法

・うつの症状が辛く、何もやる気がおきなかったのに、明るい気分になり、やる気がみなぎる生活習慣

・パニック発作が起きるのが恐くて、業務もできずに、自信がなくなっていたのが、発作を恐れず、業務に集中できるようになる思考法

・病院へ通院しているにもかかわらず良くならなかった様々な心身の症状が改善する方法

・家族に自分の症状を理解してもらうことができ、「自分は一人ではない」と思える心理学的テクニック

・病院で治療を続け、治る見通しがたたずに歯がゆかったのが、安心して先を見通せるようになる方法

・自分は病気なんだ・・と思うだけでとても辛かった気持ちがラクになるテクニック

・車や電車に乗れるようになり、行動範囲も広がり、人付き合いが又楽しくなるほどに自分が変化する方法

・夜になると自然と眠りに誘われ、熟眠感を得るトレーニング方法

・病院では「原因不明」とか「自律神経の乱れです」と言われ、なす術がないと思い辛かった心身の症状への対処法

・周囲の人に率直な思いを伝えられるようになり、周囲から「良い人」と思われなくても不安にならないでいられる心理学的テクニック

・経済的な自立のために自分ができることをし、社会にとって役立つ人間であると再確認する方法

・朝、気分良くすっきりと目が覚めるテクニック

私のメルマガではこのようなことを解説しています。

興味がある場合は、以下のフォームより私のメルマガへご登録ください。

只今、メルマガと合わせて読む事で、より効果が得られるカウンセリング教科書も無料でプレゼントしています。



※ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ