高次脳機能障害、介護でのイライラや不安を和らげるには?小室哲哉さんの会見から

こんにちは、臨床心理士のちむです。 先日、話題になった小室哲哉さんの引退会見。 なんだか切なかったですね。 看護師さんとの不倫報道?が最初にあったと思うんですけれど、彼の会見を聞くと奥様の介護負担があったということ。 そして、仕事でのプレッシャーや責任、ご自身の体調不良も数年のうちに重なったのであれ・・・

病気による不安や焦りを受け入れる

こんにちは、臨床心理士のちむです。 今日から2月ですね。沖縄は最高気温が18度とかですが、これでも「寒い」んです。 風が強いからか、体感温度は低いんだろう、とよく言われています。 昨日は天気が悪くて、皆既月食が観測できず、残念でした。 さて、今日は病気による不安や焦りをどう受け入れるか?について話し・・・

家族として患者を支える時の苦痛をどう聴くか?

こんにちは。臨床心理士のちむです。 今月、自治体主催のある研修会に講師として呼ばれました。 この研修は、難聴者への支援をするための研修でしたが、そこでコミュニケーションや、援助技術といった内容の講義を任されました。 3時間という長丁場・・。 いつもは、ながくとも90分の講義ですから、この回は結構くた・・・

心身症や自律神経失調症を治療するバイオフィードバックという方法

心身症や自律神経失調症は、自分ではコントロールできない「自律神経系」が関わっているため、意識して改善させることが難しいです。 また、薬物療法においても限界があり、心身症や自律神経失調症を治すこともまた難しいと考えられてきました。 しかし、バイオフィードバックという方法を使えば、その自律神経系を意識的・・・

吃音の有名人ジョージ6世「英国王のスピーチ」を心理学的に見る

こんにちは。臨床心理士のちむです。 昨日、自宅で映画鑑賞をしたのですが 「英国王のスピーチ」 この映画は、2011年に日本で公開され、第83回アカデミー賞では作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞を受賞した、非常に高い評価を受けた映画です。 この映画は、吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世とその治療に・・・

吃音症は精神科で診断される?DSM-5から定義を確認

昔から「どもり」という言葉があります。 「今、どもっちゃったね」 「どもってしまって、少し聞き取りにくかった」 など日常にその言葉は出てきます。 それでは、「どもり」と「吃音症」とは何が違うの? 吃音症とはどういうもの? 診断基準(定義)を用いながら、説明したいと思います。 吃音症の診断について 「・・・

過敏性腸症候群とは何か?その治療法は?

過敏性腸症候群は、心身症の一つとして知られています。 先進国での有病率は10-20%で、決して少なくない数字であり、10人に1人は、この病気のために影響を受けていると考えられます。 そしてこの病気は私たちの生活の質(QOL)へ非常に影響します! 例えば、下痢を起こしている間は外出先ではトイレを頻回に・・・

ストレスとセルフケア

ストレスの多い現代社会と言われていますが、あなたはストレスがあるほうですか?ないほうですか? ストレスは、感じやすさに個人差があります。 ストレスに感じやすい人、感じにくい人それぞれどちらが悪い、ということはありません。 ただ、日常生活でそれが極端になってしまうと、様々な「症状」として現れてきます。・・・

吃音を受け入れるために歪んだ思考をブロックする

吃音のあるなしに関わらず、物事の見方や考え方というのは偏ってしまいやすいものです。 例えば、親子間でのすれ違いを例にしてみましょう。 母:今日はどこへ行くの?帰りが遅くなるの?誰と一緒なの? 10代後半の子どもと親との親子関係にはよくあることですが、子どもは成長し、自我が芽生えて周囲の友人、仲間など・・・

セロトニンを増やして自律神経を整えよう!

普段私たちは意識せずに、身体を休めたり、活動したりしている間、適切に身体のコンディションを切り替えています。 例えば、朝目が覚めたとき、私たちの身体はしゃっきりしていませんね。 少しずつ時間が経ち、朝食をとったり顔を洗ったりしているうちに目が覚めてきて、身体も動きが良くなっていきます。 一方で、夜眠・・・

不眠の悩みはセロトニンを補うと解消できる

セロトニンが不足すると、不眠が起きることがあります。 不眠は様々な理由で起きますが、セロトニン不足による不眠が起きる理由は、セロトニンが睡眠に必要なホルモンと関係があるからなんですね。 私たちが眠るとき、自然に眠気に襲われ、気がついたら眠っていた・・という感じだと思います。 これは、脳の中でメラトニ・・・

やる気や自発性が低下するのはセロトニン不足かも

「なんとなくやる気が出ない」 「しなければならないことがあるのに、重い腰があがらない」 こういった状況は誰にもよく起きる現象です。 それでも必要に迫られて行動する事ができた場合や、締め切りギリギリに間に合わせることができた場合は一時的な問題として片付けることができます。 しかし、実際に「締め切りに間・・・

メンタル不調はセロトニンを補うことで改善できる

セロトニンとは? セロトニンとは、脳内で情報伝達するときに働く「神経伝達物質」のことをいいます。 図1シナプス間で放出される神経伝達物質 セロトニンは脳内のセロトニン神経のシナプス間隔に放出されますが、この役割は第一に身体を覚醒状態を保つことです。 身体が活動をしているとき、脳内の神経細胞(ニューロ・・・

パニック障害を見る事の出来る専門医とは?通院時は手帳が役に立つのはどうして?

この記事を読まれている方は恐らく、パニック障害と思われる症状のため通院治療を考えている、もしくは現在通院しているという方ではないでしょうか。 今日は、パニック障害をみることができる専門医とは?というお話、または通院する際に知っておくと役に立つ情報をお話したいと思います。 パニック障害をみることができ・・・

不眠やうつ、不安感軽減におすすめの精油の紹介

どのようなオイルを利用すればよいのか? まず、用途別には後述しますが、普段使いするアロマはどのように選べばよいのでしょうか? アロマオイルを選ぶ時は、においを嗅いでみて「好きな香り」を選ぶと良いと言われています。 やはりどれだけ効果があっても、自分が好まないと感じる香りを嗅ぐのは苦痛ですよね。 多く・・・

吃音は、発達障害である。ADHDや自閉症、アスペルガーとの関連。

吃音とは、言葉の発声がうまくできない症状の事を指します。 言葉が詰まったり、言葉が出づらかったりして、流暢にお話ができない状態のことを言います。 (こちらの記事も参考にどうぞ→病院に行っても完治できない吃音を克服する為の治療法とは) この吃音症は、「発達障害」なのか?という疑問がよく聞かれます。 吃・・・

パニック障害を抱えた有名人は誰?その理由はなりやすい人!?

パニック障害は、突然何の前触れも無く、ある日突然に、その人に降り掛かってきます。 患者さんは皆さん、症状がそろそろ出てきそうだ、という予兆のようなものを感じていらっしゃいますが、初めて症状を経験する時には、「前触れも無く」という表現が当てはまるだろうと思います。 さて、そのような突然降って湧くパニッ・・・

大人の吃音者に向いている仕事とは?就職について

こんにちは。臨床心理士のちむです。   今、私は冒頭でご挨拶をしました。 この記事にたどり着いた方は、このような簡単な挨拶でさえ、言葉が出づらく困っているかもしれませんね。(これは書いた文ですが、話し言葉の場合) その困った症状は、 これまで何度かこの「ちむえき」でもご紹介してきました、吃・・・

のぼせた感じや喉のつまり、吐き気など、これってパニック障害?

突然原因不明の体調不良に見舞われたことはありませんか? 頭痛、肩こり、腹痛、倦怠感。 頭痛や倦怠感など、風邪かな?とわかりやすい症状であれば、そんなに心配されることはありませんね。 しかし、のぼせや吐き気、喉が詰まる感じなどの不調がある日突然現れるとどうでしょう? あまり経験しない調子の悪さの場合に・・・

バイト先や電話対応時の吃音に対するコツや工夫

吃音に関する悩みとして多いのは、電話の対応がうまくできないということや特定の言葉を使わなくてはならない場面や状況が出てくる、といった仕事に関する悩みではないでしょうか。 今日は、そのなかでもバイト先での吃音、電話対応時の吃音について、とりあげたいと思います。 バイト先での吃音の悩み アルバイトは学生・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ